鴻池運輸/フォークリフト競技大会を開催

2017年06月06日 

鴻池運輸は6月6日、KONOIKEグループ国内各拠点の厳しい予選を勝ち抜いた精鋭フォークリフトオペレーター22名で、「第3回フォークリフト 競技大会」を千葉市の同社安全品質研修センターで、5月20日に開催したと発表した。

<運転実技>
運転実技

大会では、2月よりグループ内独自のフォークリフト運転安全規準(KONOIKEス タンダード)に基づき審査を行い、安全規準の定着を促進するとともに、各職場で磨き上げられた運転技能・点検技術・安全知識による高いレベルの競技が繰り広げられた。

真剣な眼差しで挑戦した競技者は、緊張した雰囲気の中で日頃磨いた技能や知識を発揮した。僅差でバッテリー式カウンター部門より4名、バッテリー式リーチ部門より2名の入賞者が決まった。

大会では、選手のフォークリフトの運転技能・点検技術・安全知識を各職場で改めて浸透させる機会として、また、普段なかなか接することのない他職場の社員と技能を競うことで、選手各自のスキルアップやモチベーション向上につなげてもらうことを主な目的に、2015年より始めた。

<選手・応援者全員で集合写真>
選手・応援者全員で集合写真

■入賞者
「バッテリー式カウンター部門」
優勝:鴻池運輸 和歌山支店 和田 宗基
準優勝:鴻池運輸 東日本支店 樋口 武夫
3位:鴻池運輸 関西中央支店 太田 英昭
4位:鴻池運輸 関西支店 藤原 大輔

「バッテリー式リーチ部門」
優勝:鴻池運輸 西日本支店 木下 大夢
準優勝:鴻池運輸 関東中央支店 江畑 雄一

最新ニュース