ダイキン/495億円投じ、米テキサスに新工場開所、物流拠点も統合

2017年05月25日 

ダイキン工業の米国子会社グッドマン社(米国テキサス州ヒューストン)は5月24日、ヒューストン近郊に新拠点「ダイキン・テキサス・テクノロジーパーク」が完成し、開所した。

<ダイキン・テキサス・テクノロジーパーク>
ダイキン・テキサス・テクノロジーパーク

同拠点は、住宅用や業務用空調機、暖房機器など米国で販売する全商品を生産する、ダイキングループ最大規模の工場。

これまでグッドマン社が米国内に持つ4工場と、物流拠点を統合し、マーケティング、サポート機能を本拠点に集約して、部門間の協業を図る。

新しくR&D機能も設け、現地での商品開発体制も強化する。

新工場は、土地面積200万m2、延床面積約37.3万m2の規模で、投資額は約4億5000万ドル。

生産量の変動に即応できるモジュールラインや、IoT を活用し生産進捗を自動管理する最新の生産技術システムを導入し、グループのモデル工場となる。

最新の生産技術システムは米国での立ち上げを皮切りに、順次世界の各生産拠点へ展開し、グローバル全体でのものづくり力の強化を図る。

最新ニュース