商船三井/プロペラ効率改善装置「新型PBCF」を販売開始

2017年05月19日 

商船三井は5月19日、グループ会社である商船三井テクノトレードが販売し既に全世界で3100隻を超える船舶に採用されているプロペラ装着型省エネ装置PBCF(Propeller Boss Cap Fins)について、その省エネ効果を更にアップした「新型PBCF」を販売開始すると発表した。

<新型PBCF>
新型PBCF

<従来型PBCF(写真の赤丸)>
従来型PBCF(写真の赤丸)

新型PBCFは、商船三井、三井造船昭島研究所及び商船三井テクノトレードが共同で開発したもので、フィンの形状や高さなどに改良を図る事により、プロペラ推力増加とトルク軽減を達成した。

未搭載船と比較して、5%前後の効率アップを実船で確認しており、従来型PBCF(省エネ効果:3%前後)から更なる効率化を実現した。

新型PBCFに関する特許は、既に世界各国で取得している。

CO2排出量を削減する「Simple and Tough」な省エネ装置であるとともに、水中騒音を低減して海洋生物の環境保全に貢献する装置として、バンクーバー港が実施する環境プログラム “EcoAction Program” での水中騒音低減技術に選定されている。

地球環境保全が重要視される昨今、「省エネ装置」としてだけでなく、「環境に優しい商品」としてPBCFの需要は益々高まっているとしている。

最新ニュース