センコーGHD/東京・潮見にホテルを開業

2017年05月16日 

センコーグループホールディングスは5月16日、京葉線潮見駅前に、2019年の開業を目指してホテルを建設すると発表した。

<ホテル外観>

運営は、2016年12月に設立したセンコークリエイティブマネジメントが行う。

これまで、滋賀県東近江市にある総合交通研修施設内の宿泊施設「クレフィール湖東」とゲストハウス「あけくれ」を運営してきたが、新ブランドによる本格的なホテル経営を行う。

建設地は、センコーGHDの本社敷地内で、ディズニーランドや東京駅にも近い好立地。主なターゲットは、レジャー客や東京観光のインバウンド客で、グループ客の利用を想定しツインルームを主体に230室設ける。

建物は、地上9階建て、近隣のホテルとは一線を画した「和」のテイストを散りばめ、上品かつ落ち着いた空間を創出する。2階には中庭を設置し、“ゲストの記憶に残るホテル”を目指す。

ホテルには、地元客も気軽に利用可能なブッフェ主体のオールデイダイニングを計画し、潮見駅前地域の活性化に寄与するとともに、9階には四季の食材を活かし美食を提供する高級日本料理店を設けるなど、沿線のホテルとの差別化を図っていく。

■ホテルの概要
所在地:東京都江東区潮見2-8-11
アクセス:JR京葉線 潮見駅前
建物構造:鉄骨造り 地上9階建て
敷地面積:5600m2
延床面積:1万4500m2
客室タイプ:ダブル(約23m2~)、ツイン(約28m2~)、ファミリー(約42m2~)、フォース(約28m2)、特別室(約135m2)
館内施設:レストラン2か所、カフェ&バー、フィットネス他

最新ニュース