日通/マレーシア日通が倉庫のハラール認証を取得

2017年05月15日 

日本通運は5月15日、マレーシアの現地法人、マレーシア日本通運が5月16日を発効日として、マレーシア政府の認証機関であるマレーシアイスラム開発局(JAKIM)から倉庫に関するハラール認証(MS2400-2)を取得したと発表した。

<クランロジスティクスセンター>
クランロジスティクスセンター

<倉庫内>
倉庫内

マレーシア国内ではハラールについて、2013年7月、世界で初めて物流に関する認証基準であるMS2400-1(運送)とMS2400-2(倉庫)が制定され、JAKIMによって認証の受付が開始された。

マレーシア日通は、2014年12月に日系物流企業として初めてMS2400-1(運送)を取得し、マレーシア国内のハラール運送の受託を開始したほか、2015年6月に世界最大のハラール機内食メーカーである「ブラヒム社」との業務提携契約を締結し、国内・国際運送に積極的に取り組んできた。

2016年10月にはトラック・貨物用コンテナの宗教洗浄を自社で行う事が可能となる認証を受けた。

日本国内でも、JAKIMの相互認証機関である日本ハラール協会から2016年1月に倉庫、同年2月には運送のハラール認証を取得している。

今回のマレーシアでの倉庫に関するハラール認証の取得により、マレーシアと日本の発着地を日本通運グループが全てサポートするハラール一貫輸送体制を実現した。同時に、マレーシア国内でも運送と合わせてハラール製品のサプライチェーン全体を幅広くサポートすることが可能となる。

■取得拠点
名称:マレーシア日本通運 クランロジスティクスセンター
住所:LOT 6082, JALAN HAJI ABDUL MANAN 1,
5 1/2 MILE OFF JALAN MERU 41050 KLANG, SELANGOR, MALAYSIA
TEL:+60-35-521-6050
面積:総延床面積:約2万3000m2

最新ニュース