上組/3月期の売上高1.6%増、営業利益2.5%増

2017年05月12日 

上組が5月12日に発表した2017年3月期決算によると、売上高2462億1200万円(前年同期比1.6%増)、営業利益225億5000万円(2.5%増)、経常利益240億3500万円(0.8%増)、当期利益163億8300万円(2.3%増)となった。

国内物流事業は、天候不順の影響により輸入青果物の取扱いが減少となったものの、穀物や飼料原料及び自動車関連の取扱いが増加したことに加え、船会社のコンテナ事業再編に伴いコンテナ取扱い量が増加したことなどにより、売上高は2091億8000万円(4.1%増)、営業利益も207億2300万円(4.8%増)となった。

国際物流事業は、航空貨物やNVOCC貨物の取扱い減少に加えて、プロジェクト輸送貨物が受注の谷間で取扱いが減少したことにより、売上高は284億9200万円(13.9%減)となり、営業利益は10億5900万円(3.1%減)となった。

来期は、売上高2530億円(2.8%増)、営業利益232億円(2.9%増)、経常利益248億円(3.2%増)、当期利益170億円(3.8%増)を見込んでいる。

最新ニュース