マンハッタン/オムニチャネル・アズ・ア・サービスのプラットフォーム提供

2017年05月11日 

マンハッタン・アソシエイツは5月11日、デジタル世代の顧客の移り気な需要に迅速に対応するための企業向けソリューションとして、初のオムニチャネル・アズ・ア・サービス(OCaaS)プラットフォームである「Manhattan Active Omni Solution」の提供を開始したと発表した。

「Manhattan Active Omni Solution」により、マンハッタン・アソシエイツは、 世界で初めてオーダー管理と店舗のフルフィルメント機能を融合した単一プラットフォームを実現し、次世代のPOSとクライエンテリング機能をも内蔵した。

しかも、常に最新の機能への拡張が可能なバージョンレス仕様のクラウドネイティブなソリューションとなっている。

「Manhattan Active Omni Solution」は、販売、サービス、フルフィルメントといった分野のソフトウェア技術に関する、これから数年間の基準を提示するものに他ならないという。

「Manhattan Active Omni Solution」プラットフォームには新たに、顧客からダイレクトに入った個々の注文に対して利益を最大化することを可能にするAdaptive Network Fulfillment(ANF)機能の搭載も発表された。

配送代や出荷に関わるコストなどの単独のオペレーションや、店舗での過去のフルフィルメント履行率、ワークロードのバランシング、クリック・トゥ・デリバリーの影響など、さまざまな要素を考慮することで、ANFは、各注文に対する多面的要因を反映した履行計画を作成する。

ANFは、販売価格やセルスルー、および予測されるマークダウンなどを考慮して、在庫から確保できるマージンを最大化することを可能にする。

最新ニュース