米Boeing社/航空機部品管理に富士通のRFID採用

2017年04月24日 

富士通は4月24日、The Boeing Companyと、同社の航空機部品のライフサイクル管理効率化に向けたRFID導入プロジェクトで、RFIDラベル「FUJITSU RFID Integrated Label」(「RFID Integrated Label」)の供給契約を締結したと発表した。

<FUJITSU RFID Integrated Label>

<航空業界向けのRFIDに対応した部品管理ソリューション>

プロジェクトは、ボーイング社の全ての航空機の製造段階から、主要な航空機部品にRFIDを貼り付け、部品の個体管理と正確なトレーサビリティーおよび航空機整備作業の効率化を実現するもの。

ボーイング社は、1機あたり約7000点の航空機部品に富士通の「RFID Integrated Label」を貼付し、ARLを自動生成することで、部品情報をデジタルに管理し、作業員の工数削減やヒューマンエラーの軽減など、大幅な業務効率化を図る。

航空機の出荷作業も効率化され、航空機の製造での生産性向上を支援する。

航空会社はデジタル化されたARLを活用することで、部品の正確なトレーサビリティーを確保し、整備時や不具合発生時の確実かつ迅速な対応が可能になった。

入出庫管理や棚卸業務にもRFIDを活用することで、物流業務の効率化や在庫の最適化も期待できる。

なお、富士通は、2017年度上期に、航空機内の非常用装備品など向けに、2キロビットのメモリを搭載し、「SAE AS5678」と「ATA Spec 2000」に準拠した、より安価で柔軟性のあるRFIDの販売を予定している。

最新ニュース