セブン-イレブン、セイノーHD/御用聞き・お届けサービスで業務提携

2017年04月21日 

セブン-イレブン・ジャパンとセイノーホールディングスは4月21日、セブン‐イレブン店舗で、御用聞き・お届けサービスの一層の拡大に向けて、相互に協力することを目的に業務提携契約を締結した。同日、サービスの出発式も行った。

<セブン・イレブン千代田二番町店横から出発した専用車両>

<町中を走る専用車>

このサービスは、セブン‐イレブンでのお届けニーズが益々高まると予想されることから、その中で、セブン‐イレブン店舗がより積極的にお届けサービスに取り組むべく、両社が連携し取り組むとともに、地域の見守り活動にも参画し、安全・安心な街づくりに貢献していくもの。

実施スキームは、一定エリアのセブン‐イレブン加盟店に対して、「ハーティスト」 が担当し、各店舗のお届けサービス、御用聞きを行う。

「ハーティスト」とは、ハート(心)に携わる人という意味で、単なる配送員ではなく、「地域のコンシェルジェ」として活躍する女性を中心としたスタッフの呼び名。

「ハーティスト」の運用費用は加盟店が負担する。当面の間、一部費用をセブン‐イレブン本部で負担。「ハーティスト」は、お届け車両もしくは担当店舗を拠点としてサービスを行う。商品のお届け以外では御用聞き・チラシ配布・見守り活動等を行う。

すでに「ハーティスト」の専用会社として、セイノーHD100%出資の会社「GENie(ジーニー)」を2016年に設立し、運営している。現在の従業員は150店舗対応で100人規模。

従業員は正社員、パート、アルバイトとさまざまで、女性が気楽に勤められる形態としている。なお、ジーニーの意味は人間の姿になって願い事をかなえてくれる精霊の意味から。

<セブン-イレブン・ジャパンの野田靜真取締役執行役員>

セブン-イレブン・ジャパンの野田靜真取締役執行役員は「セブン-イレブンでは、買物弱者のために、セブンミール(弁当や飲料のお届けサービス)、セブンあんしんお届け便(移動便)、セブンらくらくお届け便(店舗で購入した商品のお届け)など、さまざまな展開を図ってきた。2014年8月からはセイノーHDさんと御用聞き・お届けサービスを広島でテスト運用を行ってきた。現在、1都7県150店舗に拡大しているが、さらなる拡充を図るために、GENieを設立し、サービスを本格導入することにした。近くて便利の進化をさらに進めていく」と話した。

<セイノーHDのオープンイノベーション室の河合秀治室長>

セイノーHDのオープンイノベーション室の河合秀治室長は「農水省の発表では、買物弱者と呼ばれる人は生鮮食料品販売で2010年の366万人から2025年には598万人に、食料品スーパー等では644万人から814万人に増加する。その社会的課題である買物弱者に対しては、会社の基本方針である価値創造の面からも取り組んできた。2014年8月からセブン-イレブンさんと広島で御用聞き・お届けサービスをテスト運用し、オペレーションの蓄積を行ってきた。ハーティストは地域に住む女性を採用し、地域のコンシェルジュとしての役割を果たしてもらうつもりだ」と述べた。

今後のスケジュールは2019年2月末までに全国3000店舗へ拡大していく予定だ。

<出発式でのセブン-イレブン・ジャパンの古屋一樹社長(左から2人目)、セイノーHDの田口義隆社長(右から2人目)>

出発式では、セブン・イレブン千代田二番町店横から出発式を行い、セブン-イレブン・ジャパンの古屋一樹社長とセイノーHDの田口義隆社長があいさつ。

古屋一樹社長は「これからは本業を通じて成長し、社会課題を解決していく経営が必要。この御用聞き・お届けサービスはセイノーHDさんと同じ思いだった」と話した。

田口義隆社長は「セイノーでは新しい価値を創造し、いかに提供できるかが会社の基本方針。先進国の中で、高齢化問題、買物弱者等さまざまな社会的課題が真っ先に訪れるのが日本。社会と顧客に新しい価値を提供したい」と述べた。

■セブン‐イレブンのお届け専用会社概要
商号:GENie(ジーニー) 
所在地:東京都中央区日本橋浜町2-18-7
代表者:代表取締役社長 河合 秀治
設立:2016年7月11日 ※2017年3月7日商号変更
資本金:1000万円(セイノーHDグループ100%)
http://genie.net.jp

最新ニュース