佐川急便/「GINZA SIX」の館内物流業務を受託

2017年04月21日 

佐川急便は4月21日、大規模複合施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」の物流を一元管理する館内物流業務を受託したと発表した。

<館内配送の様子>

「GINZA SIX」は、日本の良き伝統や歴史を継承しながら世界の最先端を取りこみ、商業集積地として日本のシンボルとなっている銀座に誕生し、延床面積は約14万8700m2とエリア最大級の大規模複合施設。

受託内容は、荷捌場と荷捌駐車場の管理、貨物用エレベーター運行・搬出入作業・臨時入館作業の調整、入荷・出荷荷物の取次業務、物流導線・共用部保全業務となる。

GINZA SIXの納品の一部に外部倉庫による集約を取り入れ、施設への直納車両の削減が可能となる。

周辺道路の渋滞緩和や施設への流入制限によるセキュリティ向上と施設保全にも寄与する。

佐川急便は、これまで東京ミッドタウンや東京スカイツリーをはじめとする大型複合施設の館内物流を多数請け負ってきた。

これらの実績により、この「GINZA SIX」館内物流業務の受託となり、施設の施工段階からプロジェクトに参画し、より効率的な館内物流システムの構築に取り組んできた。

1階のツーリストサービスセンター「TERMINAL GINZA」内に宅配カウンターを設置し、通常の宅配便と合わせて手荷物の一時預かり、国際宅配便の受付、空港やホテルまでの当日配送等を行う。

<宅配カウンター>

佐川急便では国内の観光客やビジネス客、訪日外国人観光客の利便性向上を目的に「手ぶら観光」を促進している。東京駅、浅草、東京スカイツリー、JR 大阪駅、福岡空港などに宅配カウンターを設置し、「手ぶら観光」サービスの拠点を拡大している。

最新ニュース