三井ホームコンポーネント/2×6工法による木造大規模倉庫

2017年04月19日 

三井ホームグループの三井ホームコンポーネントは4月19日、tvkコミュニケーションズ施工のもとで部材供給と建て方工事中の大規模木造倉庫が神奈川県横浜市のtvk ecom park内に上棟したと発表した。

<倉庫内部>

<片流れ屋根の倉庫外観(南面)>

<設置されたコネックトラスユニット>

計画に際し、建築主は地球環境にやさしく周辺環境にも調和する建築を希望し、木材を使用した建築工法を望んだため、大規模木造建築の実績を有する三井ホームコンポーネントに建て方施工を依頼し、建設工事が進められている。

用途は、木造大規模倉庫(一部事務所)であり、周辺環境への配慮及び太陽光発電設備の搭載も視野に、屋根形状を緩やかな片流れとした。一方で全体の高さを抑えながらも内部の有効高さを確保するために、床組及び屋根構造材をコネックトラス構造とし、その内部に設備配線等を組み込んでいる。

コネックトラスは、独自開発のステンレス製接合金物「コネック」を接合部分に使用し、
三角形状に組んだ骨組のこと。

吹き抜け部分は、最大天井高さ5.8m、スパン16.2m、長さ18.9mの大空間を実現し、屋根トラスは構造強度を計算の上、緩やかな片流れ屋根を形成するため1本1本異なる形状のものを使用している。

木造大規模倉庫のメリットは、木造を使用したモノコック構造であり十分な耐震性能を備え、室内側に柱型が出ないため、室内有効面積を最大に活用することが可能。また、高い耐火性能により2014年に耐火構造の大臣認定を取得し、4階建ての中層建築物や3000m2を超える大規模な建築を可能としている。

関連記事

最新ニュース