富士フイルム/米英で140億円投じ、生産能力拡大

2017年04月18日 

富士フイルムは4月18日、バイオ医薬品の開発・製造受託事業をさらに拡大するため、米国・英国のバイオ医薬品のCDMO拠点に総額約140億円の設備投資を行うと発表した。

<cGMP対応の新生産棟>

米国では、FUJIFILM Diosynth Biotechnologies Texas, LLC(FDBT)が、生産能力増強のために、米国政府の助成を得て約100億円をかけて建設を進めてきた、cGMP対応の生産棟がこのほど完成。

今後、約30億円を投じてバイオ医薬品の生産に必要な設備を導入し、2018年初めに稼動させる予定。なお、FDBTは、2014年にFUJIFILM Diosynth Biotechnologies U.S.A.(以下:FDBU)を通じて買収した、バイオ医薬品のCDMO。

2017年3月にはFDBUが当初計画よりも前倒ししてFDBTを完全子会社化し、現在、積極的な設備投資により事業拡大を進めている。

英国では、FUJIFILM Diosynth Biotechnologies UK Limited (英国ビリンガム市、FDBK)に、約10億円をかけてバイオ医薬品の生産プロセスの開発拠点を増設する。同拠点の開設は、2017年夏を予定している。

最新ニュース