日通/インドネシアで保税物流センター(PLB)のライセンス取得

2017年04月17日 

日本通運のインドネシアの現地法人、日通インドネシア物流は3月17日、インドネシア税関総局から、「食品関連」としては日系物流企業で初めてとなる保税物流センター(PLB)のライセンスをジャカルタ近郊に位置する工業団地内倉庫で取得した。

<PLBライセンスを取得した物流センター>

物流センターの面積は1.8万m2の規模で、営業開始は5月中旬の予定。

PLBは、インドネシア政府により2015年11月に制度化した新しい制度で、ASEANにおける物流ハブを目指す新たな取り組みとしてPLBを制定、運用している。

<庫内>

保税倉庫は輸入貨物のみ蔵置が可能だが、PLBは輸出・輸入貨物ともに蔵置が可能で、輸入品を倉庫への搬入から搬出時まで、輸入に関する諸税が免除される。(関税評価は搬出時)

インドネシア非居住者の利用が可能で、蔵置期間が最長3年間可能。(保税倉庫では1年間)

倉庫内で梱包・仕分けなど簡易作業ができる。

今後も様々な拠点を展開し、自動車・精密機器関連から医療・アパレル・食品までニーズに合わせてサプライチェーンをグローバルにサポートする。

■施設概要
名称:日通インドネシア物流株式会社 チカラン保税物流センター
住所:Kawasan Industri Terpadu Indonesia China KAV.6, Jalan Anggrek Ⅶ,Kota Deltamas, Bekasi, Jawa Barat Indonesia
面積:18,182m2

最新ニュース