ラサール不動産/大阪・堺市に11.6万m2の物流施設竣工、契約率30%

2017年04月17日 

ラサール不動産投資顧問は4月17日、NIPPO、三菱UFJリースと共同で開発を進めていたマルチテナント型物流施設「ロジポート堺」が竣工したと発表した。

<ロジポート堺>

敷地面積約10万m2、地上2階建て、延床面積約11.6万m2の規模。有効天井高6.5m、1階床荷重を平米あたり2トン確保する機能性を有している。

<庫内>

2階フロアの防火区画内には柱がなく自由度の高いレイアウトが可能で、最大で20区画に分割可能であることからテナント企業にとって利便性の高い施設となっている。

なお、竣工時点でテナント契約率は約30%。

<中央車路>

最寄りの石津ICまで約3kmと高速道路へのアクセスに優れ、阪神高速湾岸線を活用することで交通渋滞が予測される大阪中心部を通らずに大阪府全域、京都・神戸にもスムーズにアクセスすることが可能な立地。

雇用面でも、最寄りのバス停まで徒歩3分と従業員の交通利便性も兼ね備えている。

堺市の湾岸エリアは工場や倉庫が集中する工業地帯であるため、24時間のオペレーションが可能で、屋上には太陽光電池を備え付けており、環境や省エネルギーに配慮している。

<テープカット、(中央)ラサール不動産投資顧問の中嶋康雄CEO、(中央右)NIPPOの吉川芳和常務、(中央左)三菱UFJリースの青木克彦常務>

各企業による物流効率化の過程で、交通利便性に優れたエリアに立地する近代的な物流施設へのニーズが高まっており、3社は今後も企業活動のニーズに応える物流施設開発を進める。

なお、2016年5月11日の着工時は(仮称)ロジポート堺西という名称だったが、竣工時にはロジポート堺と施設名を変更した。

<周辺地図>

■施設概要
所在地:大阪府堺市西区築港新町二丁7-9
敷地面積:100,160.84m2
延床面積:116,070.32m2
構造:鉄骨造、マルチテナント型:地上2階建
電車・バスでのアクセス:
南海本線石津川駅まで約3.3km 石津川駅より最寄りバス停臨港七区下車、徒歩約3分
車でのアクセス:石津ICまで約3.0km、出島ICまで約3.4km
南北の幹線道路である府道29号、34号まで約3.0km
府道29号、34号の利用により、中央環状線まで約5.2km

最新ニュース