ヒガシ21/ビル館内デリバリー事業を分社化

2017年04月14日 

ヒガシトゥエンティワン(ヒガシ21)は4月14日、ビル館内デリバリー事業の分社化を目的とする 100%子会社(準備会社)を設立し、準備会社に承継させる吸収分割を行う方針を決定したと発表した。

一般運送事業とはやや性格が異なる一方で、ヒガシ21の成長領域と位置づけられるこの事業について、その事業の個性を自由に拡げ、主体的・効率的に事業拡大を図る観点から会社分割により分社化する方針を決定した。

分割する事業の内容は、ビル館内での物品の仕分け、梱包、荷役、発送、配送及び引越しの請負と付帯する事業で、経営成績(2016年3月期)は、売上高は9億6100万円。

■準備会社の概要(予定)
名称:FMサポート21
所在地:東京都港区新橋1-18-16
事業内容:ビル館内での物品の仕分け、梱包、荷役、発送、配送及び引越しの請負及びこれに付帯する一切の事業
資本金:1000万円
設立日:2017年5月9日(予定)

最新ニュース