商船三井/新造フェリー「さんふらわあ ふらの」、海上公試運転

2017年04月10日 

商船三井は4月10日、グループ会社である商船三井フェリーが、ジャパンマリンユナイテッドで建造中の新造フェリー「さんふらわあ ふらの」の海上公試運転を実施したと発表した。

<海上公試運転中の新造船「さんふらわあ ふらの」>

新造船は、現在就航中の「さんふらわあ ふらの(=同じ船名)」の代替船として、5月13日に茨城県の大洗港から北海道の苫小牧港に向けて初航海の予定。

この船は二重反転プロペラ推進システムやハイブリッド推進システムの採用により、航行性能を大幅に向上させ、大洗港~苫小牧港間の所要時間を1時間15分短縮することで、顧客への利便性の向上を目指す。

■新造船「さんふわらあ ふらの」概要
総トン数:約1万4000トン
航海速力:24ノット
全長:199.7m
全幅:27.2m
旅客定員:590名
車両搭載数:大型トラック約160台、乗用車約100台

最新ニュース