丸全昭和運輸/宮城県名取市に物流センター竣工

2017年04月04日 

丸全昭和運輸は4月4日、宮城県名取市で仙台物流センターを4月11日に竣工すると発表した。

<仙台物流センターの外観>

<内観>

<周辺図>

仙台物流センターは、仙台空港から約10km、最寄の仙台空港ICから約6kmに位置し、交通アクセスに恵まれた場所で、山を切り崩して造成したため、地盤強固な工業団地に立地する。

仙台港を利用した海外からの輸出入貨物取扱いが可能だ。

平屋建のため区画内に柱が無く、1区間430坪と大き目な区割のため、効率良い貨物保管が行える。

■仙台物流センター
住所:宮城県名取市愛島台7-101-40
敷地面積:2万3362.16m2
一般倉庫
構造:鉄骨造 平屋建
延床面積:8623.30m2
有効階高:6.6m
床荷量:6t/坪
設備:毒劇物保管庫(30坪) (一部空調あり)
備考:軒下9.7m × 120m

■危険物倉庫
構造:鉄骨造 平屋建
延床面積:504.27m2
有効階高:5.8m
床荷量:6t/坪
設備:危険物倉庫第4類2~4石油類

最新ニュース