日本郵便/2017年度のゆうパック、41.9%増を見込む

2017年03月31日 

日本郵便は3月31日、2017年度事業計画について総務大臣の認可を受けた。

計画では、郵便物の引受物数は、国内169億7000万通(前年計画比3.7%減)、国際郵便物4500万通(8.9%減)、ゆうパック7億6700万個(41.9%増)、ゆうメール34億4400万個 (6.0%減)を見込んでいる。

収益力の強化として、新たな業務への進出や出資・提携の拡大についても検討・着手することにより、全体の収益構造の多角化・強化を図る。

ロジスティクス事業では、ゆうちょ銀行とかんぽ生命から委託を受けて、日本郵政グループ内の物
流業務を一括して受託する業務を行っており、他の荷主企業の物流業務について、当該荷主企業からの委託を受けて、物流業務の改善に係るコンサルティングを行うとともに、その企業に最適な物流業務フローを設計・構築し、当該荷主企業における輸送、保管、荷さばき等の物流業務を一括して受託する。

郵便物の確実な送達の具体的目標として、送達日数達成率が、全国平均97.0%以上となるように努める。

最新ニュース