外務省/増加する貨物需要に対応するためマダガスカルに円借款

2017年03月23日 

外務省は3月22日、マダガスカルとの間で、452億1400万円を限度額とする円借款「トアマシナ港拡張計画」に関する書簡の交換が行われたと発表した。

<トアマシナ港拡張計画の位置図>

トアマシナ港の拡張・整備を行うことにより、増加する貨物需要に対応するための港湾機能の強化、荷役生産性向上を図り、もって鉱物資源の輸送の円滑化をはじめ、投資促進、民間セクターの開発を促進することにより、マダガスカルの経済インフラ開発に寄与するものとしている。

■供与条件
金利:年0.01%
償還期間:40年(10年の据置期間を含む)
調達条件:一般アンタイド

関連記事

最新ニュース