成田国際空港/航空会社の貨物増加策を支援

2017年03月23日 

成田国際空港は3月23日、「成田空港マーケティングインセンティブ」を新たに導入すると発表した。

航空会社が実施する旅客数・貨物量を維持・増加させるためのマーケティングやプロモーション、利用者の利便性向上等に向けた取組み(マーケティング活動)に対して成田国際空港がマーケティング活動費をサポートする。

具体的には、成田空港に就航している航空会社が実施する成田空港の旅客数・貨物量の維持・増加に資するマーケティング活動に対して、各社の成田空港での旅客数・貨物量に応じて、一定額を上限として、マーケティング活動に要する費用の一部を成田国際空港がサポートする。

貨物取扱量へのインセンティブは、国際線取扱貨物量に応じて提供し、「取扱貨物量に対する単価(取扱単価)」と「増加貨物量に対する単価(増加単価)」を設定する。

インセンティブ単価(貨物1トン当たり)は、国際線で取扱単価100円、増加単価200円。

最新ニュース