福島県、ヤマト運輸、ANA総研/農林水産物等の外販路拡大で連携協定

2017年03月21日 

福島県、ヤマト運輸、ANA総合研究所は3月21日、福島県産農林水産物等の海外販路拡大に向けた連携協を締結したと発表した。

<連携の主な役割>
連携の主な役割

3者は連携協定を締結し、それぞれが有する資源やノウハウを有効活用することにより、 福島県内の生産者や事業者に対し、小口輸送の集約化に伴うコストダウンや、海外展開に有益な輸送ルートを提供するなど、福島県産農林水産物等の販路拡大に向けて取り組む。

協定による福島県の役割は海外マーケット情報の収集や福島県産農林水産物等のPRをする。また、販路拡大に積極的な生産者や事業者とバイヤーをマッチングさせ、 福島県産農林水産物等の販路拡大に向けた支援を行う。

ヤマト運輸・ANAグループは、アジア圏へ最短翌日に届ける国際間の小口保冷輸送サービス「国際クール宅急便」などの輸送サービスを通して、高品質な県産農林水産物等を鮮度を保ったまま海外まで届ける。

生産者や事業者が海外とのビジネスを積極的かつ安心して展開できるよう、輸出支援セミナーの開催や輸出時に必要な書類の作成などのサポートを行い、海外販路の拡大を支援する。

最新ニュース