川崎重工/救急救命用や人員・物資輸送用などに使用する最新型ヘリコプター受注

2017年03月10日 

川崎重工業は3月10日、BK117シリーズの最新型機である 「H145//BK117 D-2型」ヘリコプター(BK117 D-2型)を受注したと発表した。

<H145//BK117 D-2型>

BK117 D-2型として川崎重工初の受注で、救急救命用や人員・物資輸送用など多目的に運用される。

BK117 D-2型は、川崎重工と欧州のエアバス・ヘリコプターズ社が共同開発したヘリコプター。

従来の「BK117 C-2型」で定評のあった、長尺である担架などの搬出入が容易な機体後部の観音開きカーゴドアや、コンパクトな機体でありながら機内での医療行為を施しやすい広いキャビンスペースを継承しつつ、コンピューター制御された新型エンジン、最新の統合計器や「ダクテッドファン方式」の 新型テールローターなどを採用。

高高度性能の向上やパイロットのワークロード低減、クラス最高の静音性を実現している。

BK117ヘリコプターは、ドクターヘリ、人員・物資輸送、消防・防災、警察、報道など多用途に活用される中型双発機。

国産ヘリコプターとして1983年の初号機納入以来改良を重ね、優れた技術力と高い信頼性により川崎重工納入分(2017年3月10日現在)で172機、エアバス・ヘリコプターズ社納入分を合わせると全世界で約1300機以上の納入を誇るベストセラー機。

■H145//BK117 D-2型ヘリコプターの主要諸元
全長:13.64m
全幅:1.73m(胴体)
全高:3.95m
定員:10名(標準座席)
最大全備重量:3700kg
最大速度:約267㎞/h
航続距離:740㎞(標準タンク、最大全備重量、国際標準大気+20度、5000ft)

最新ニュース