イーソル/Honeywell社製国内防爆規格認証ハンディターミナルをサポート

2017年03月09日 

イーソルは3月9日、Honeywell Internationalが開発したTIIS国内防爆規格認証の産業用ハンディターミナル「Dolphin 99EXni」を、イーソルの無線LAN搭載ハンディターミナル用エミュレータ開発支援ツール「eSOL Emusen」と、入出庫・棚卸などのバッチ処理型アプリケーションの作成が容易な「eSOL Emusen easy(イムゼン イージー、Emusen easy)」がサポートすると発表した。

Dolphin 99EXni 対応のEmusen easyは、2017年4月にリリース予定。この対応により、Emusen easyがサポートする端末ラインアップに、初めてTIIS国内防爆規格認証ハンディターミナルが加わった。

石油コンビナートや化学プラント、ガス発生場所、発電所などで使われることを想定したDolphin 99EXni向けのアプリケーションを開発する際、運用方法や現場の環境、必要な機能に合わせて、EmusenまたはEmusen easyを選択でき、効率的なソフトウェア開発を実現できる。

Emusenは、無線LAN搭載ハンディターミナルに対応したエミュレータ開発支援ツール。国内外の多種多様なハンディターミナルへの対応実績がある。Emusenで開発したアプリケーションは、OSが異なるハンディターミナル上で無線エミュレータシステムとして動作させることができる。

ユーザはハードウェア依存部を変更するだけで、同一アプリケーションを異種複数のハンディターミナルで使えるようになる。さらに、従来ハンディターミナル向けのシステム開発において必要不可欠だった、ハンディターミナル・サーバ間の通信プログラム開発は不要なため、開発期間の大幅な短縮とコスト低減を実現できる。

アプリケーション起動中は常時サーバと接続し、リアルタイムなデータ送受信および更新が可能。Emusenのシミュレータ機能により、手元に実機がなくてもハンディターミナル上での動作をイメージしながらアプリケーション開発が行える。

Emusen easyは、GUI画面での簡単な操作でハンディターミナルのアプリケーションを作成できるソフトウェアツール。決められた項目から必要な機能を選択するだけで、アプリケーションを作成できる。入出庫処理や棚卸処理などのバッチ処理型の運用に適している。パソコンとの通信制御プログラムや、スキャナ制御プログラムが標準で搭載されているため、ユーザはアプリケーションの作成に集中できる。

■Emusenシリーズ
http://www.esol.co.jp/logistics/emusen-index.html

最新ニュース