日本郵船/運航船がマゼラン海峡で遭難したヨットを救助

2017年03月03日 

日本郵船は3月1日、運航するばら積み船「FRONTIER AMBITION」が2月18日、マゼラン海峡で遭難していたヨットの乗組員1名を救助したと発表した。

<救助の様子>
救助の様子

「FRONTIER AMBITION」は2月18日に中国・日照からチリ・オタウェイに向けて航行中、チリの港湾当局から救援要請を受け、悪天候により遭難しているヨットの救助活動を行った。救助されたヨットの乗組員の健康状態に問題はなく、2月20日にチリでCoast Guardに引き渡された。

救助活動に対して、ヨットの乗組員から多大な感謝の言葉があっただけでなく、当局からも感謝状が授与された。

■FRONTIER AMBITION概要
船長:パク・ジョンワン(BAG JONGWAN)
船籍:パナマ
船員:21人(船長含む、国籍:韓国・ミャンマー)
総トン数:9万92トン
船種:ばら積み船
船主:ORCHARD MARITIME (PANAMA) S.A.

最新ニュース