センコー/中国の介護事業会社と業務提携

2017年03月02日 

センコーは3月2日、中国の介護事業会社・中民養老と業務提携した。

中民養老は、不動産管理企業である中民未来が、中国国内で介護事業を本格展開するため昨年9月に設立した介護施設の運営や介護用品販売を行う企業。

センコーでは、商事部門などが取り扱う介護設備・用品の貿易販売、グループのけいはんなヘルパーステーションによる介護ノウハウの提供や研修・指導、日中一貫物流の提供など、中民養老の介護事業と、グループの中国での介護サービスの発展・拡大に向けて全面サポートする。

<調印式、左から田中専務(センコー)、王夢氷総経理(中民養老)、福田社長(センコー)、右から2番目 王暉董事長(中民未来)>
調印式、左から田中専務(センコー)、王夢氷総経理(中民養老)、福田社長(センコー)、右から2番目 王暉董事長(中民未来)

中国では、慢性的な介護施設、介護士不足などで、設備の整った施設への入居は極めて困難で、供給が追いついていない状況。

今後の中国介護サービスの発展・拡大を目指し、高品質な日本の介護設備・用品の輸入と、日中間の物流体制をサポートできるパートナー(日系企業)を探していた。

約1年をかけて同社と議論を重ね、提携することとなった。

■提携先会社の概要
社名:中民居家養老産業有限公司
設立:2016年9月14日
代表者:王 暉
本社:天津市亜州路6865号金融貿易中心北区1-1-1905
資本金:10億元
事業内容:養老サービス、健康情報コンサル、機械設備リース、1類医療器械・家用電器等の卸し販売、財務情報コンサル

最新ニュース