井本商運/コンテナ・一般貨物併用船「ときわ」が就航、神戸港初入港

2017年03月01日 

井本商運は3月1日、 499G/T型コンテナ・一般貨物併用船「ときわ」が瀬戸内航路に就航し、神戸港に初入港した。

<ときわ>
ときわ

<セレモニーで>
セレモニーで

「ときわ」は、広島県の小池造船海運で11月3日に進水し、2月27日に竣工した。

主機関駆動軸発電機(PWM 装置付き)を採用することにより、艙内及び甲板上に40フィ ート冷凍コンテナを最大40本積載する能力を保有するとともに、運航コストの削減を図った。

また、危険物運送船適合証を取得し艙内の危険物積載を可能にした。近海区域(非国際)を航行できる資格を有しており、日本中のあらゆる場所にあらゆる貨物 を輸送することができる。

井本商運は、これまでコスト削減を目指し大型化の道を歩んできた。しかし、多角化する輸送ニーズに対応するため、499G/T 型船のニーズがあると判断し、この度10年振りの 499G/T 型船として「ときわ」の建造に至ったもの。

■主要目
船主:真宝海運
船名:ときわ
船種/船級:一般貨物船/JG
航行区域:近海区域(非国際)
船籍港:上天草港
船型:全通二層甲板船
主要貨物:コンテナ(20、40、45対応)
総トン数/載貨重量トン数:499トン/約1450トン
満載航海速力:約12.00ノット
全長/幅/深さ:77.50m×12.50m×6.70m/3.89m
最大搭載人員:乗組員5名+その他1名または船員1名=合計6名
満載喫水:3.84m

最新ニュース