新型宅配ボックス/ナスタ、日本郵便、大和ハウスが戸建住宅に普及促進

2017年02月17日 

ナスタ、日本郵便、大和ハウス工業の3社は2月17日、戸建住宅へ新型宅配ボックス普及促進の取り組みを開始したと発表した。

<縦型タイプ、小壁タイプ>
縦型タイプ、小壁タイプ

3社で協力し、物流課題である再配達の軽減に向け、より迅速かつ利便性の高い配送サービスを顧客に提供するための物流インフラ構築・向上を目指す取り組みを開始するもの。

ナスタが戸建向けに大型メール便をスムーズに受け取れる「ポスト」に加え、ネット通販に対応した宅配便を受け取りでき る「宅配ボックス」をセットにした商品を新たに開発した。

宅配ボックスは日本郵便の荷物の受け取りだけでなく、他社宅配便の荷物の受け取りも可能。2017年6月以降には、日本郵便の「書留郵便物」を配達することも可能となる。

また、顧客が任意に暗証番号を設定できる錠前を採用することで「このボックスから対面せずに荷物の発送」ができるようにもなる。

発売する商品は「Qual-D(クォール・ディー)」宅配ボックス付縦型タイプと「Qual-D(クォール・ディー)」宅配ボックス付小壁タイプの2種類。

<左から大和ハウス工業の大友浩嗣常務執行役員、ナスタの笹川順平社長、日本郵便の津山克彦常務執行役員>
左から大和ハウス工業の大友浩嗣常務執行役員、ナスタの笹川順平社長、日本郵便の津山克彦常務執行役員

ナスタの笹川順平社長は「マンション等での宅配ボックスでは実績があるが戸建では初めて。3社で協力し、メール便、宅配便、書留を全てクリアしなければならず、さらに、デザイン面、セキュリティ面でも試行錯誤した。今後の課題は戸建タイプの冷蔵・冷凍機能を持った物やクリーニング対応等だが、すでにコンビニさんとも共同研究を進めている」と話した。

日本郵便の津山克彦常務執行役員は「Eコマースの拡大が続いているが、物量が今の3~4倍になれば、配達ドライバーも3~4倍になると考えるのは現実的ではない。いかに再配達を減少させていくかが大切だ。これまでの郵便ポストは1961年に規格を定めて販売したが、価格もこなれて約20年くらいで全国に普及した。この新しい取り組みも再配達減少の一つの提案として広く普及させていきたい」と話した。

<越谷レイクタウンのセキュレアシティ レイクタウン美来>
越谷レイクタウンのセキュレアシティ レイクタウン美来

大和ハウス工業の大友浩嗣常務執行役員は「このモデルは3社で協議を繰り返し、練り上げたもの。防犯(セキュリティ)、利便性、そして街並みにあったデザインにこだわって商品化した。埼玉県越谷市レイクタウン6丁目で開発を進めているセキュレアシティ レイクタウン美来(みく)の杜の145区画で2017年2月11日から販売開始した。価格は25万円から30万円を予定している。今後、開発中の西東京市のひばりが丘の78戸にも販売していく予定だ」と述べた。

なお、この商品はナスタが大和ハウス工業以外の新築戸建物件でも販売する予定で、中古住宅市場でも販路を広げていく予定だ。その場合の価格については3月に発表する。

■商品概要
「Qual-D(クォール・ディー)」宅配ボックス付縦型タイプ
製品サイズ:H1530×W270×D430mm 表札・インターホンパネル + 大型メール便対応ポスト
投函可能サイズ:H350×W320×D35mm + 宅配ボックス
荷物最大サイズ:H450×W170×D310mm

「Qual-D(クォール・ディー)」宅配ボックス付小壁タイプ
製品サイズ:H1425×W505×D400mm 表札・インターホンパネル + 大型メール便対応ポスト
投函可能サイズ:H350×W370×D35mm + 宅配ボックス
荷物最大サイズ:H550×W380×D330mm

最新ニュース