三井倉庫HD/4~12月の売上高14.1%増、営業利益69.3%増

2017年02月13日 

三井倉庫ホールディングスが2月13日に発表した2017年3月期第3四半期決算によると、売上高1698億1000万円(前年同期比14.1%増)、営業利益44億8900万円(69.3%増)、経常利益26億1500万円(前期は4億3100万円の経常損失)、当期利益4億600万円(3.7%減)となった。

グループの業績のうち、物流事業は港湾運送業務における顧客である韓進海運が8月末に韓国で法的整理を申請した影響はあったものの、自動車関連貨物が好調に推移するなど航空貨物輸送関連業務等その他の既存業務が概ね堅調に推移したことに加え、前期第3四半期より連結対象となった丸協運輸グループの寄与もあり増収増益となった。

また、不動産事業は減収ながら増益となった。

通期は、売上高2220億円(4.2%増)、営業利益50億円(52.1%増)、経常利益28億円(206.7%増)、当期利益2億円(5.6%減)を見込んでいる。

最新ニュース