岡山県貨物/4~12月の売上高変わらず、営業利益3.3%減

2017年02月10日 

岡山県貨物運送が2月10日に発表した2017年3月期の第3四半期決算によると、売上高301億5900万円(前年同期比0.0%)、営業利益13億3000万円(3.3%減)、経常利益14億2000万円(2.1%減)、当期利益10億6000万円(10.8%増)となった。

貨物運送関連は、運送需要の持ち直しの動きが弱く貨物取扱量はほぼ前年並みとなったが、営業活動の強化とともに適正運賃収受に取り組んだ結果、売上高は289億2800万円(0.2%増)となった。

営業利益は、原油価格の下落に伴う燃油費の減少はあったものの、外注費(傭車料)の増加等により12億300万円(3.1%減)となった。

通期は、売上高401億円(0.2%減)、営業利益16億6000万円(5.4%増)、経常利益17億1000万円(2.1%増)、当期利益11億2000万円(1.0%増)を見込んでいる。

最新ニュース