第一生命/市川塩浜ロジクティクスセンターに68億円を投資

2017年02月07日 

第一生命保険は2月7日、オリックス不動産投資顧問を運用会社とする不動産投資ファンドを通じて、市川塩浜ロジクティクスセンターへの約68億円の投資を決定したと発表した。

<市川塩浜ロジクティクスセンター>
市川塩浜ロジクティクスセンター

第一生命では、保有不動産ポートフォリオの中長期的な収益性・資産価値の向上、リスク抑制の視点から、これまで投資してきた大規模オフィスに加えて、リスク対比で安定収入が見込める都心の賃貸マンションや中規模オフィスへの分散投資を積極的に行うなど、投資対象の多様化を進めている。

物流施設への投資についても、分散投資を推進する一環で取り組むもの。

ネット通信販売市場の著しい成長を背景に国内の物流施設需要が拡大している一方、大型物流施設の供給増加によりテナント企業が施設を選別する目は厳しくなっている。

第一生命では、物流施設の開発・運用ノウハウを有するオリックスグループの知見を活かし、競争力が高い物流施設への選別投資を進めることで、安定的な収益を獲得できると考えている。

市川塩浜ロジクティクスセンターは、都心へのアクセス、空港へのアクセスが良好な市川エリアに立地していることに加え、JR京葉線・市川塩浜駅から徒歩9分と交通利便性が良く、労働力を確保し易いことから、今後も高い競争力が維持できると見込んでいる。

最新ニュース