ヤマト/タイで宅急便、提供開始

2017年01月30日 

The Siam Cement Public Company Limited.(SCC)傘下のSCG Cement-Building Materials(SCG Cement-Building Materials)と、ヤマトホールディングス傘下の東南アジア地域統括会社のYAMATO ASIAが出資するSCG Yamato Expressは、1月3日よりタイで宅急便サービスを開始した。

SCGがタイでこれまで培ってきたネットワークなどの強みと、ヤマトグループの日本で培った宅急便のノウハウを活かした合弁会社を昨年9月に設立し、タイ国内で宅急便サービスを開始した。

法人・個人の双方にとって最適な物流を提供し、今後需要が高まる小口宅配市場の活性化に貢献することで、より便利で快適な社会の実現を目指す。

提供サービスは宅急便、クール宅急便(冷蔵・冷凍)タイで初めての小口保冷輸送サービス、宅急便コレクト(代金引換)今後クレジットカード・電子マネー決済を導入予定、書類輸送サービス、その他、再配達サービス・荷物追跡サービスなどを提供する。

サービス提供エリアは、バンコク都およびその周辺エリア(サムットプラカーン県・ノンタブリー県・パトンタニ県)が提供エリアとなる。当初、荷物の受付サービスはバンスー地区にある拠点のみで対応を行うが、2017年中には110か所までの拡大を目指す。

なお、タイでは現在、世界各国から自動車メーカーや電機メーカーが進出し工場を建設するなど、東南アジアの中でも製造拠点として重要な位置づけとされている。それと同時に、スマートフォンの普及に伴い、Eコマース市場が著しい成長を見せている。また、その中でもマーケットプレイスを介した個人間のやり取りが活発であり、その結果年々小口配送の個数が伸長しているという。

■会社概要
会社名:SCG Yamato Express Co., Ltd.
本社所在地:41st Floor CW Tower, Huai Kwang District, Ratchadapiseak Rd. Bangkok 10310
資本金:633 million Baht(1,893百万円)
出資比率:SCG Cement-Building Materials:65%
     YAMATO ASIA PTE. LTD.:35%
従業員数:約130名
拠点数:5拠点(バンナ・パタナカン・チェンワタナ・チャルナコン・バンスー地区)※事業開始時 順次拠点拡大予定
設立日:2016年9月22日
事業開始:2017年1月3日
事業内容:タイ国内における小口貨物輸送サービス

最新ニュース