デジタル×サプライチェーン マネジメント改革セミナー/イケアが講演

2017年01月26日 

東洋経済新報社は2月28日、「デジタル×サプライチェーン マネジメント改革セミナー」を開催する。

「生産・調達管理、品質保証、需要予測、マーケティング、ロジスティクス・・・デジタルで見えてくる全く新しい世界」をテーマに、デジタル×サプライチェーンマネジメント改革の最新潮流を考察する。

現場目線での変革とマネジメントにおけるデジタルへの理解について、非連続的・破壊的な変化への対応、技術革新のトレンド、活用事例をもとに検証する。

■開催概要
日時:2月28日(火)13:00~19:00
会場:丸ビルホール&カンファレンス 丸ビルホール
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビル7階
定員:250名
参加費:早期申込16,200円(税込)2月15日(水)まで
一般申込:21,600円(税込)2月27日(月)まで
対象:
経営層、生産・調達部門、経営企画部門、物流部門、マーケティング部門、IT部門の部門長ご担当者など
主催:東洋経済新報社
協賛:PwCコンサルティング、JDAソフトウェア・ジャパン
協力:WASEDA-EDGE

■詳細・申し込み
http://toyokeizai.net/sp/scm2017/

■プログラム
13:00~13:05 挨拶/東洋経済新報社

13:05~13:50 基調講演(デジタル×イノベーション)
ビジネスモデルと競争戦略
デジタル・イノベーションを読み解くための「基本軸」を紹介します。過去にサプライチェーン革新に成功した企業は「何をどのように考えていたのか」。そこから、ビジネスモデルを革新する方法と競争優位を生み出すロジックについて検討します。
早稲田大学 商学学術院教授
産学官研究推進センター
副センター長
WASEDA-EDGE
人材育成プログラム担当
井上 達彦氏

13:50~14:30 最新トレンド講演Ⅰ(デジタル×SCM)
デジタルを活用してSCMを変革、グローバルで勝ち抜く手法
デジタル技術によって、様々な領域がつながり、ビジネス環境はドラスティックに変わろうとしています。SCMに与えるインパクトを解説し、グローバルで勝ち抜く手法をお伝えします。
PwCコンサルティング
ディレクター
北川 寛樹氏

14:30~15:10 特別講演Ⅰ(デジタル×経営、人材育成)
変革に挑戦し続ける100年企業
~リーダーに求められる姿勢と行動~
ミシンで創業したブラザーは現在、プリンターやカラオケなど幅広い事業をグローバルに展開しています。
経営戦略に加え、23年半の米国駐在で培った失敗を恐れず挑戦する姿勢や、「変革に挑戦」し続ける風土を作るための経営哲学をお話します。
ブラザー工業
代表取締役社長
小池 利和氏

15:10~15:25 ブレイクタイム

15:25~16:05 最新トレンド講演Ⅱ(デジタル×グローバルサプライチェーン)
デジタル革命とグローバル・サプライチェーン
IoT、ビッグデータ、AIといったデジタル技術の発展に伴い、未来のサプライチェーンはどう進化していくのでしょうか。
デジタルの時代にこそ検討すべきグローバル・サプライチェーンのあり方、方向性、そしてSCMの未来の形を提案いたします。
JDAソフトウェアインク CRO
エグゼクティブバイスプレジデント
兼 ゼネラルマネージャー
Razat Gaurav氏

JDAソフトウェア・ジャパン
代表取締役社長
尾羽沢 功氏

16:05~16:45 特別講演II(顧客起点のSCM改革)
イケアが挑む、顧客起点のSCM改革
イケアは「より快適な毎日を、より多くの方々に」をビジョンとする、スウェーデン発祥のホームファニッシング会社です。
開業10周年を昨年迎えたイケア・ジャパンが、SCMをどのようにとらえ、マルチチャネル化に向けた取り組みを行っているかお話させていただきます。
イケア・ジャパン株式会社
Customer Experience Manager
Gerard Bos 氏

16:45~16:55 ブレイクタイム

16:55~17:40 特別講演III(調達改革)
IHIにおける調達活動
現在のIHIにおける調達活動を、サプライチェーンマネジメント・グローバル展開・コスト削減活動・業務(システム)改革・購買機能集約等の観点からご紹介いたします。
IHI
執行役員 調達企画本部 本部長
水本 伸子氏

17:50~19:00 交流会/意見交換会

■問い合わせ
東洋経済新報社 
コミュニケーション事業部
TEL:03-3246-5599(土日・祝日を除く 10:00~18:00)

最新ニュース