三菱重工/タイ合弁MACO社のエアコン生産に工場新設

2017年01月25日 

三菱重工業は1月25日、グループの三菱重工サーマルシステムズが、タイの合弁企業で家庭用と業務用エアコンの生産・販売を手掛けるMitsubishi Heavy Industries-Mahajak Air Conditioners(MACO社)の生産体制を増強すると発表した。

<MACO社 外観>
MACO社 外観

<MACO社 組立ライン>
MACO社 組立ライン

世界的な快適空調に対するニーズの高まりと、アジアを中心とする家庭用・業務用エアコンの堅調な需要増加と市場ニーズに、柔軟に対応していくのが狙い。

組み立て・部品製造を行う第1・第2工場の設備を拡充するとともに、第3工場と電装工場を新設して、それぞれ2018年初めに操業を開始するもので、2020年度には生産個数を2015年度比30%増の270万個まで増やす計画だ。

MACO社は1988年、現地企業のマハジャック社と設立。バンコク郊外のラッカバン(LadKrabang)工業団地に、第1工場と第2工場を構え、家庭用・業務用エアコンの部品製造と組み立てを行っている。

新設する2工場のうち第3工場では、家庭用・業務用エアコンの樹脂と板金部品の製造を手掛ける。

電装工場ではエアコンの基幹部品である電装基板などの実装を行う。既存工場の設備拡充を含めた総投資額は約30億円で、着工は2017年度前半の予定。

今回の増産投資により、MACO社の生産能力の増強と並行して、設備や工法の変更、組み立ての同期化など通じて生産効率を向上。コスト競争力の強化と仕掛かり・製品在庫のミニマム化をはかっていく。

最新ニュース