プロジェクトGLP 「GLP座間」

2017年01月19日 

物件担当者が語るGLP座間のすべて BCP対策と環境配慮に注力「施設で働く人々と環境への配慮を追求した」物流施設開

事業開発部 グループリーダー
松脇 隆 ヴァイスプレジデント
松脇 隆 ヴァイスプレジデント

事業開発部
駒 俊志 シニアマネージャー
駒 俊志 シニアマネージャー

GLP座間は2015年6月末竣工、延床面積13万㎡の巨大かつ最新の物流施設として開発された。現在もハード・ソフト両面での先進性は、1年を経てさらに輝きを増している。ハード面ではBCP対策と環境配慮に力を入れており、今後の物流施設開発の模範となるものだ。ソフト面でも、従業員・パート不足に対応する取組みを作るなど、顧客の要望に全面的に応えている。引き続きテナント募集を行っており、物件担当の2人にGLP座間の先進性と人や環境への配慮を追求した施設について語ってもらった。

<GLP座間外観>
GLP座間外観

<エントランス>
エントランス

<倉庫内部>
倉庫内部

次>> 最高の立地に最先端の技術を盛り込む

次へ> 1 2 3 4

最新ニュース