マンハッタン・アソシエイツ/携帯電話流通会社にWMSを納入

2017年01月05日 

マンハッタン・アソシエイツは1月5日、携帯電話流通に特化したカンパニーのBrightstar社に、 オーストラリアの顧客に対するオムニチャネルのサービス拡充とサプライチェーンのパフォーマンス向上を図ることを目的に、倉庫管理ソリューション(WMS)を導入したと発表した。

Brightstar社では、 同社のクラウド基盤上で動作するマンハッタンのテクノロジーにより、サプライチェーンのパフォーマンスをリアルタイムで監視、 評価することを可能にするとともに、より的確な意思決定の支援、および最終利益の改善につながる運用サイクルを実現した。

これまで以上にオーストラリアの顧客ニーズに添った対応ができるようになり、結果としてBrightstar社に対するバイヤーのブランドイメージ向上にも大きく貢献している。

意思決定を行う担当者が取引データをより深く掘り下げることで、 顧客の行動や購買傾向を全社規模で緻密に把握することができるようになった。

Brightstar APACのCIOであるMariela Millington氏は「いまや流通企業のサプライチェーンは、顧客のニーズに応じた柔軟な対応ができ、個々のレベルにまで落とし込んだサービスを提供できなければいけない。私たちは、顧客に競争優位性をもたらすよう設計されたプラットフォームを提供するとともに、世界的レベルの流通機能と、カスタマイズされた製品供給機能によって顧客満足度の向上に努めている」と説明している。

最新ニュース