圏央道/茨城県区間、2月26日全線開通、大型物流施設約1600件が恩恵

2016年12月20日 

国土交通省と東日本高速道路は12月20日、圏央道の茨城県区間(境古河IC~つくば中央IC)28.5㎞が、2017年2月26日に全線開通すると発表した。

<開通区間>
開通区間

<圏央道沿線自治体の大型物流施設立地状況>
圏央道沿線自治体の大型物流施設立地状況

<首都圏3環状道路の整備状況>
首都圏3環状道路の整備状況

東名高速道路から東関東自動車道までの6つの放射道路が接続することになる。

開通により期待されるストック効果では、沿線の大型物流施設約1600件の生産性向上が加速するとしている。

茨城県は、工場立地件数3年連続全国第1位ということで、区画整理事業等の取組も進んでおり、更なる企業立地に期待、としている。

■開通区間の概要
開通区間:境古河IC(茨城県猿島郡境町)~つくば中央IC(茨城県つくば市)
延長:28.5km
開通IC:坂東IC、常総IC
車線数:暫定2車線

最新ニュース