名鉄運輸/特別損失を9億8400万円計上

2016年12月16日 

名鉄運輸は12月16日、子会社間の組織再編を行うため、2017年3月期第3四半期決算で、特別損失として減損損失を計上する見込みとなったと発表した。

組織再編の中で、東北名鉄運輸が保有する土地と建物の名鉄運輸への売却し、帳簿価額を回収可能価額で、譲渡価額まで減額する見込みとなったため、2017年3月期第3四半期決算において、特別損失として減損損失を9億8400万円計上する見込み。

最新ニュース