日通商事/1.6万m2の多目的物流拠点、埼玉県寄居町に竣工

2016年12月08日 

日通商事は12月8日、埼玉県寄居町に建設を進めていた「狭山LSセンター寄居サテライト」が12月20日に竣工し、2017年1月より営業を開始すると発表した。

<完成イメージ>
完成イメージ

自動車部品の輸出入物流を強化するため、寄居に新たな多目的物流拠点として建設した。

敷地面積3万4881m2、事務所等を含む延床面積1万6715m2で、国内自社既存施設の中でも一棟としては最大規模。

さまざまな作業レイアウト・物流動線に対応できる広いワンスペース(一区画最大1400m2)を実現し、搬出入車両動線を簡略化した建屋配置とし、単層造りの強みを最大限に活用している。

外周部にはひさしを設け、天候による作業の制限が軽減された造りとなっている。

施設内は高照度のLED照明を採用しているほか、高断熱、空調完備とストレスを感じず作業する事ができ、作業環境を最優先した造りとなっている。

近年グローバル調達化が進み、輸入部品が増加傾向にあることから、自動車メーカーは部品工場をアクセスの良い北関東エリアへ集積させている。

母体である狭山LSセンターでは、自動車部品を中心に輸出梱包業務を展開しているが、今まで以上に顧客ニーズに応え、今後の生産業界の動向にも対応する。

■施設概要
名称:日通商事
   狭山LSセンター寄居サテライト
住所:埼玉県寄居町大字西ノ入3050-17
敷地面積:3万4881m2
延床面積:1万6715m2 (事務所等含む)
作業保管面積:1万2400m2 
主要業務:輸出入付帯業務全般(量産梱包・保管・入出庫・小組)

最新ニュース