SGHD/高校生環境研修 in 高尾100年の森、開催に協力

2016年12月05日 

SGホールディングス、佐川急便、佐川林業は12月5日、全国ユース環境ネットワーク事務局主催の「高校生環境研修 in 高尾100年の森」の開催に協力したと発表した。

<高校生がアオキ刈り>
高校生がアオキ刈り

<佐川急便によるミニセミナー>
佐川急便によるミニセミナー

研修テーマは、「初めての里山体験 ~豊かな森を考える~」。11月20日、開催地域である八王子市の高校2校(工学院大学付属高等学校、東京都立富士森高等学校)より、生徒・引率教諭合わせて9名が参加した。

当日は、SGホールディングス、佐川急便、佐川林業の各社が、環境保全や森林保全の取り組みを紹介した後、里山ガイドウォークやアオキ刈りなどの森林整備作業を体験。

爪楊枝の原料となる材木や山椒の葉など普段身近にある植物にも触れるといった体験を通し、里山に親しみ、生物多様性について学んだ。

「里山の自然と人のかかわり」に対する考えを述べる「高校生環境(里山)宣言」に両校の学生が合同で取り組み、同じユース世代として今後環境のために取り組めることについて、積極的な意見交換を行った。

「より多くの生徒に環境体験の参加を促し、より広い視野で環境について考えます」「CO2 を削減する」といった宣言がなされ、高校生自身がこれからの環境保全に向けて何ができるのかを考える機会となった。

なお、SGグループは東京都八王子市(高尾)と高知県・徳島県に合計735ヘクタールの森林を保有し、CO2の吸収源とするとともに、環境コミュニケーションや環境教育の場としても広く提供している。

今回、全国ユース環境ネットワーク事務局の「ユース世代の環境意識向上」という活動目標に賛同し、「高尾100年の森」での高校生環境研修の開催に協力したもの。

最新ニュース