国交省/全国貨物純流動調査、出荷量は減少傾向鈍化

2016年12月02日 

国土交通省は12月2日、全国貨物純流動調査の2015年第10回調査の結果速報を発表した。

産業別年間出荷量では、2010年調査から2015年調査の年間出荷量は2.4%減少しているものの、2005年調査から2010年調査の減少率(15.4%減)と比較すると減少傾向は鈍化した。

代表輸送機関別にみた流動量の分担率は、これまでの調査結果に引き続き、「自家用・営業用トラック」の分担率が高い(約84.3%)。

自家用トラックの分担率は減少傾向が続いており、トラック全体に占める営業用トラックの比重が高まっている。

出荷1件当たりの貨物量(流動ロット)では、4産業合計の流動ロットはこれまでの小ロット化の傾向から、増加に転じた。代表輸送機関別流動ロットでは、トラックは依然として小ロット化が続いている。

なお、2017年4月をめどに最終結果を公表予定だ。

■過去の調査結果
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/transport/butsuryu06100.html

最新ニュース