キリン/供給計画・スケジューリングソリューションを導入

2016年11月16日 

インフォアジャパンは11月16日、キリンが、酒類の安定した製造を支える供給計画・生産スケジューリングに、最適化供給計画ソリューション「Infor AP(Advanced Planning)」と、生産スケジューリングソリューション「Infor AS(Advanced Scheduling)」を導入したと発表した。

両ソリューションは、キリンビ―ル本社と全国10拠点の工場へ導入され、今年6月より安定稼働している。

キリンビールは、今回の最適化供給計画ソリューションInfor APの導入により、需給計画サイクルを旬単位から週単位へ短縮し、需要の変化に速やかに反応しながら、適正在庫に合ったローコストでの供給体制が組めるようになる。

生産スケジューリングソリューションInfor ASにより、Infor APと連携し工場へのライン割り当てを半自動化することで、大幅な効率化とコスト削減を見込んでいる。また、これまで煩雑な操作が必要であった、工場側での生産計画の最終調整についても、Infor ASの直感的なUIで容易に素早く対応できるようになる。

キリンビールは、一連のシステム化により、属人性の高かった作業を標準化し、企業内ノウハウを継承し易くなることも期待している。これらの課題の解決に加え、Infor AP/ ASが仕込みや発酵、熟成など長い工程が必要となる酒類製造において特有の機能を豊富に備えている点や、グローバルの大手酒類メーカーへの採用実績によるインフォアの知見の高さも導入の決め手となった。

これまで、キリンビールは、酒類の製造での供給計画と生産スケジューリングを自社開発のシステムで運用し、日々のきめ細やかな需給対応を行ってきた。

しかし、市場の競争激化を受け、消費者ニーズの多様化に応える多品種少量生産など、市場の変化への迅速な対応を進めることにより、人手への依存度が高まっていた。

このような環境では、需給計画の初期段階からより高精度な計画を立てる必要性が増し、従来の旬単位からより短期の週単位での計画立案が急務となっていた。

また、本社で立案した旬単位の生産計画を、最終的に各工場の判断で日毎に分解し、手入力で各ラインへ割り当てる必要があり、それに伴う作業負荷と作業時間の増大が課題となっていた。

キリンは、キリンビールでの2016年6月の稼働開始以降、需給計画および生産計画の週単位化を実現。

さらに工場での制約条件の標準化をしながら、生産計画の日単位でのラインへの適用の半自動化を進めている。

今後もキリンは、顧客の多様化するニーズに対して、スピード感を持って応え続けられる供給体制を築けるよう、Infor APとInfor ASの活用範囲の拡大を予定している。

最新ニュース