山九/マレーシアの国家プロジェクト受注、エチレン製造設備建設

2016年11月16日 

山九は11月16日、マレーシアの現地法人「山九マレーシア」が、マレーシアの一大国家プロジェクトであるRAPIDプロジェクトのうち、エチレン製造設備の建設工事を開始したと発表した。

<位置図>
位置図

建設するエチレン製造設備はスチーム・クラッカーコンプレックスと呼ばれるナフサから高収率でエチレンを生産できる設備。

プロジェクトにおける最重要設備で、総据付重量約3万トン、1日当たりの動員数500人の大型建設工事となる。

Toyo Engineering & Construction(東洋エンジニアリングのマレーシア現地法人)より2015年10月に受注し、工期は2016年6月から2018年8月までを予定している。

過去のシンガポールでのエチレンプラント建設、東南アジアやマレーシアでの各種プラントの据付工事実績が評価された。

なお、RAPIDプロジェクトは、マレーシアの経済変革プログラムの一環であり、30万B/D の製油所と年間770万トンの石油化学製品を生産する石化プラントからなる同国最大の最新鋭製油所をジョホール州プングランで建設する。

スチーム・クラッカーのコンプレックス建設はプロジェクトの中核を担う。

最新ニュース