GLP/神戸市に7万m2の物流施設着工

2016年11月15日 

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)は11月15日、神戸市西区の「神戸テクノ・ロジスティックパーク」内でマルチテナント型の物流施設「GLP神戸西II」を着工したと発表した。

<GLP神戸西II 完成イメージ>
GLP神戸西II 完成イメージ

<広域地図>
広域地図

<詳細地図>
詳細地図

GLP神戸西IIは地上4階建て、延床面積約7万1000m2の先進的物流施設。神戸市内へのアクセスが約30分とエリア配送に最適の立地のうえ、山陽自動車道「神戸西IC」至近で、中国・四国地方までを網羅する広域配送向け物流拠点としても活用出来る。

近隣に10か所以上の住宅団地があることから労働力確保の観点からも好立地と言える。

施設は、1階、3階に高床バースを設置し、1・2階と3・4階の2層使いを想定し設計されている。通常各階1.5トンとしている積載荷重を、3・4階についてはテナント企業の要望を反映し、合計3トンを配分できるように設計し、入居テナントの物流オペレーションによってレイアウトを柔軟に設定できる仕組みを採用した。

将来の物流システム自動化に備え、自動ラック設置に伴う重荷重の対応や、コンベヤ等の搬送設備の吊荷重にも柔軟に対応出来るようになっている。

冷凍冷蔵向けの床加工を一部に施すほか、食品コンテナ、パレットなどの洗浄に対応出来るよう排水、排気等にも対応する。

GLP神戸西IIの開発は、GLPがCPPIB(カナダの公的年金運用機関であるカナダ・ペンション・プラン・インベストメント・ボード)と2011年8月に50%対50%で立ち上げた合弁事業「GLPジャパン・デベロップメント・ベンチャーI」による開発物件となる。

神戸テクノ・ロジスティックパーク内での開発はBTS型物流施設として満床稼働している「GLP神戸西」(2015年1月竣工)に続く2棟目。

GLPの帖佐 義之社長は、「GLPはすでに、兵庫県下では10棟、関西地域では22棟の施設を運営しており、施設に加えてGLP枚方III、GLP吹田、GLP寝屋川を開発中。GLPでは日ごろから顧客の要望や意見を伺い、対応している。GLP神戸西IIでは、そのようなテナント企業の多様なニーズを想定し、きめ細かい物流ソリューションを提供する。また、堅固な地盤のうえ、災害リスクも少ない立地であることから、有事の際は阪神の湾岸地域のGLPの各施設の災害前線基地としての役割を担うことも可能。GLPは、今後も事業継続性を確保しながら効率的な物流オペレーションを企業に提供していく」と述べている。

■施設概要
施設名:GLP神戸西II
所在地:兵庫県神戸市西区見津が丘
敷地面積:約3万4000m2
延床面積:約7万1000m2
構造:鉄骨造
着工:2016年11月
竣工:2018年1月(予定)

最新ニュース