SBSHD/1~9月の売上高8.9%減、営業利益44.9%増

2016年11月14日 

SBSホールディングスが11月14日に発表した2016年12月期第3四半期の業績は、売上高1123億6600万円(前年同期比8.9%減)、営業利益62億8300万円(44.9%増)、経常利益65億8800万円(38.7%増)、当期利益46億400万円(25.3%増)となった。

物流事業の売上高は、国内で前年度に獲得した顧客や既存顧客が業績に寄与し、約50億円増加したが、海外子会社の連結除外等から約180億円減少した結果、売上高は127億9400万円減少し、981億4000万円(11.5%減)となった。

営業利益は物流拠点開設初期費用を要したものの、燃料価格が想定より低く推移したこと、海外子会社ののれん償却負担が軽減したこと、値上げの効果等があった結果、2200万円増加し14億1300万円(1.6%増)となった。

通期は、売上高1465億円(7.3%減)、営業利益72億円(34.7%増)、経常利益75億円(29.9%増)、当期利益47億円(-)を見込んでいる。

最新ニュース