日通/鉄道、内航船対応の12ftハイブリッドコンテナ開発、年内に145基導入

2016年10月28日 

日本通運は10月26日、鉄道・内航船双方の輸送に対応した12ftハイブリッドコンテナを開発し、帯広~大阪間で第1回目となる試験輸送を行った。

<試験輸送概要>
試験輸送概要

<12ftハイブリッドコンテナ>
12ftハイブリッドコンテナ

鉄道と内航船両方の輸送に対応した緊締が可能で、荷物を積み替えることなく鉄道と内航船の輸送を相互にシフトできる。

従来、北海道地区では生野菜や青果物の収穫時期に通風コンテナが不足していたことから、今回開発したハイブリッドコンテナは通風型とした。

災害時の列車運休などによる緊急対応(BCP対策)としての利用が可能だ。

コンテナ仕様は、鉄道、内航船双方にそのまま積載可能な緊締装置(JRアンカー緊締、ツイストロック緊締)。

JR貨物コンテナ番号と内航船用番号を併記でき、通風機能として、回転ダイヤル式のベンチレーター8個を付属している。

両横側開きで、内寸(mm)W3642×D2277×S2303、内容積は19.1立方m、最大積載量は5000kg。

11月末までに145基の導入を予定している。

最新ニュース