ECロボ/日本語・英語切替可能なクラウドWMSシステム、月3万円で提供

2016年06月23日 

EC関連サービスを手掛けるECロボは6月23日、アカントごとに日本語/英語切替可能な高性能クラウドWMSシステム(倉庫管理システム)「AiR Logi」を月額3万円の低コストで販売を開始した。

ECロボは、グローバルEC企業向けにアカントごとに英語/日本語を設定できる機能を開発していたが、テスト期間を終了し正式にリリースすることになったもの。

同じ荷主アカントでも日本側は、日本語、海外側は、英語で同じデータを参照できるのが特徴。

英語化は、ECロボのインド開発チームが担当し、すでに端末アプリは100%インドチームで開発・保守を行っている。今後は、クラウドWMS側もインドでの製造・保守を行っていく予定だ。

欧米企業からAPI接続などの要望が出た場合、インドチームを経由してスムーズに英語での技術的な支援も整えている。

主な運用シーンとして、欧米、アセアンから日本に進出している企業の在庫管理や入出荷管理業務などが想定される。ハンディーアプリも英語化されており、海外に進出している日本企業も利用可能。

ECロボでは、クラウドWMS「AiR Logi」を初年度100社販売を目標としている。このうちの20%以上をグローバル企業向けに販売する計画だ。

今後は、クラウドWMS「AiR Logi」は、FedexやDHL、UPSなどとAPI接続も計画している。

なお、ECロボが開発販売を手掛けるクラウドWMSシステム「AiR Logi」は、2016年4月の正式リリース以降、すでに大手アパレル通販、物流系の発送代行会社を中心に15社以上の導入。

また、欧米、アセアンのグローバル企業も10社以上の導入実績となっている。主に欧米、アセアン企業では、日本へのB2C越境輸出の物流プラットフォームとしてクラウドWMSシステム「AiR Logi」の利用が進んでいる。

■問い合わせ
ECロボ 
Global事業部
東京都港区麻布台1-9-10 飯倉ITビル5F
03-4431-1337

最新ニュース