佐川急便、北越急行/旅客列車の貨物混載事業で合意

2016年06月08日 

佐川急便と北越急行は6月8日、貨客混載事業に取り組むことと、合わせて地域活性化と駅利用者の利便性向上に取り組むことについて合意したと発表した。

<貨客混載のフロー図>
客混載のフロー図

<調印式の様子>
調印式の様子

貨客混載事業の展開を想定している範囲は、北越急行が管轄するほくほく線うらがわら駅から六日町駅の間において、旅客列車に旅客と宅配便を混載し輸送することを検討している。

この路線で扱う宅配便は佐川急便の上越営業所と六日町営業所間の移動に利用する予定だ。

地域活性化と駅利用者の利便性向上の主な取り組みでは、駅利用者の利便性向上を目的とした宅配カウンターの設置、不在再配達の荷物引き取り用宅配ボックスを駅構内に設置する。

北越急行では、地域の公共交通として、上越新幹線、北陸新幹線をはじめ他の鉄道との接続改善を図り、鉄道ネットワークの強化に貢献するとともに、地域に密着した輸送体系を構築し利便性の向上と利用者の確保に向け、沿線自治体等と緊密に連携を図りながら取り組んでいる。

佐川急便では輸送ネットワークの効率化による配送品質の向上に取り組んでいる。定時運行と安定輸送を実現できる鉄道を幹線輸送に活用することで、渋滞などによる到着遅延を防止できることから安定的な幹線輸送を実現することが可能となる。またモーダルシフトの実施により環境負荷低減にも寄与できると考えている。

最新ニュース