ニトリ/国内初の積み木型ロボット倉庫稼働、段ボールも形状に合わせ自動化

2016年03月11日 

ニトリホールディングス(ニトリHD)とホームロジスティクスは3月11日、川崎市の東扇島にあるホームロジスティクス通販配送センターで、国内初導入となる「AutoStore」(オートストア)を公開した。

<オートストアの俯瞰図>
オートストアの俯瞰図

<オートストアの断面図>
オートストアの断面図

<ロボットの車輪部>
ロボットの車輪部

<ロボットの車輪が動くグリッド部>
ロボットの車輪が動くグリッド部

オートストアは、昨年7月に導入を決定し、今年1月に導入、2月に稼働を開始した。

<入庫作業>
入庫作業"

<用済みとなった空箱は上に放り投げると自動的に処理される>
用済みとなった空箱は上に放り投げると自動的に処理される

<出庫作業>
出庫作業

このシステムは商品保管用BOX(コンテナ)を隙間無く積み上げることによる高密度保管を実現しており、また積み木状のコンテナの上をロボットが走行し、商品を作業場へ自動搬送するため、作業者には定点作業を可能にしている。

オートストア導入前は、7590m2あるセンター内を終日歩いてピッキング業務をし、上下激しい出荷量変動は人員増減でコントロールし、通路の拡大、歩行距離の延長、作業性低下の悪循環が大きな問題だった。

オートストア導入後は、出荷効率が3.75倍、作業の定点化による省力化で季節変動、曜日変動などの変動を吸収、高密度保管・変形対応で土地を有効に活用できるようになった。

BOX ON DEMAND SYSTEM >>次へ>

次へ> 1 2

最新ニュース