国交省/ドローンによる貨物輸送実験、徳島県で実施

2016年02月19日 

国土交通省は2月24日、無人航空機(ドローン)を活用した買い物代行サービスの事業化を構想しているMIKAWAYA21と共同で、徳島県那賀町鷲敷地区で、無人航空機による貨物輸送実験を実施する。

<機体外観>
機体外観

ドローンは、近い将来、人手を掛けずに、短時間で貨物を届けることのできる輸送手段として、日々の暮らしをより便利で、豊かなものとすることが期待されていることから、国土交通省では、安全確保を前提としつつ、早期事業化の実現に向けた環境整備に取り組んでいる。

今回、早期事業化が期待される過疎地での実験を通じ、運搬時の貨物に与える衝撃度を計測するほか、地区住民への意識調査をはじめ、事業化に向けた課題の洗い出しを行い、必要な措置の検討や関係者の役割分担等の整理を進める。

■貨物輸送実験の実施概要
日時:2月24日(水)午前9時30分~10時30分(※雨天時は翌日に順延)
場所:徳島県那賀町鷲敷地区(徳島新聞鷲敷専売所付近)
実施の体制
実施主体:国土交通省総合政策局物流政策課
     四国運輸局交通政策部環境・物流課
     日通総合研究所(調査業務受託事業者)
     MIKAWAYA21株式会社
操縦:ブルーイノベーション
協力:徳島県政策創造部地方創生局地方創生推進課
   那賀町企画情報課

■実験に用いる機体の概要
製造者:ブルーイノベーション
機体形式:8軸ローターのマルチコプター
機体寸法:直径:1,111mm
高さ:485mm
機体構成:カーボンファイバー製
重量:5.3kg(バッテリーを含む。)
最大積載量:約6kg
飛行性能:航続時間:最大20分
耐風性能:最大8m/s

最新ニュース