DHLサプライチェーン/シンガポールにイノベーションセンター新設

2016年01月05日 

DHLサプライチェーンは1月5日、シンガポールにアジアパシフィック・イノベーションセンター(APIC)を12月に開設したと発表した。

<アジアパシフィック・イノベーションセンター>
アジアパシフィック・イノベーションセンター

数百万ドルを投じて設立されたこのセンターは、DHLにとってドイツ国外で初のイノベーションセンターで、革新的なロジスティクスサービスに特化した施設としてはアジア太平洋地域初となる。

APICは、1億400万ユーロの投資によりシンガポールのタンピネス・ロジスパークに建設されたDHLサプライチェーン・アドバンスト・リージョナルセンター(ARC)の建物内に位置する。

シンガポール経済開発庁(EDB)の支援を受けて開設されたAPICには、ロジスティクス業務のあり方を大きく変える未来のテクノロジーが展示されている。

展示品には、倉庫内の組み立て業務やピッキングに使用されるAR(拡張現実)スマートグラス、医薬品をはじめ緊急性の高い製品の配送に使われるドローン、機械間通信(M2M)センサーを活用して車両の稼働率を30%向上させることのできるメンテナンス・オン・デマンド(MoDe)車両、輸送の高速化および効率化を実現する自動運転車などがある。

APICは、ロジスティクス業界の最新動向や革新的なソリューションを展示するだけでなく、アジア太平洋地域ではDHL、顧客、業界パートナー、外部専門家間の連携や協働を促進するプラットフォームの役割も果たす。

また、アジアにおけるロジスティクスや経済活動の動向に焦点を当て、「DHLトレンドリサーチ」というチームによる市場調査や未来予測を推進していく。

APICでは、ガイド付きツアー、イノベーション・ワークショップ、イベント、フォーラムなど、さまざまなプログラムが提供され、見学者はその中から興味に合ったものを組み合わせて楽しむことができる。

また、展示エリアとしては、自動化やロボット技術がもたらす未来の働き方を紹介する最新式のメイン展示エリア、小包ロッカーやセンサー技術、音声および照明を使ったピッキングシステムに至るまで、ドイツポストDHLグループが提供するあらゆるサービスやソリューションを体験できる「ソリューション・スフィア」エリア、将来動向とロジスティクス業界への応用例を紹介する「トレンド・カーブ」エリア、そして2050年のロジスティクスの世界に出会える「ビジョン・ウォール」エリアなどがある。

APICは、すでに大きな成功を収め、今年新しく生まれ変わったドイツのイノベーションセンターをモデルに設立した。

APICは、アジア市場を対象としたDHL第二のイノベーションプラットフォームとして機能するだけでなく、分析手法、電子商取引、エンドユーザーと称される末端顧客までの配送に関連する技術やサービスにも投資を行っていくとしている。

最新ニュース